長期受講のポイント

042-705-5933 パソコンスクール テキストのご注文 サンプル テキストのご注文
パソコン教室のテキスト販売 > 長期受講のポイント

長期受講のポイント

長期間受講していただくために

パソコン教室 テキストパソコン教室の集客方法とは?専門的な経営コンサルタントに相談すれば、過去のデータや他の業種との共通点など、プロの観点から様々なプランを出してくれると思います。お客様に入会していただいて会員数を増やすためには、まずは教室までお越しいただくこと。集客方法が大切なことは言うまでもありません。しかし、それは最初の一歩にすぎません。会員数を増やしていくためには、会員様にパソコン教室のファンになっていただくことが絶対の条件となります。教室のファンとなった生徒様は辞めてしまう確率はとても低く、また口コミで評判を広めていただける、とても重要な生徒様となっていただけます。
教室のファンになっていただくことに重点を置いて取り組んできたパソコン教室は、生徒数は軒並み100名以上、なかには200名を超えた教室もございます。ファンになっていただいた受講者様に長期間受講していただく。経営コンサルタント会社の集客方法とは異なり、お一人の受講期間をいかに伸ばしていくかに重点を置いています。
経営コンサルタント会社は、パソコン教室全体の組織として利益を出せるように様々なプランを出してくれると思います。しかし大々的に広告を流せるような規模のパソコン教室ならばともかく、小規模なパソコン教室が同じようなプランでやってみて、果たして成功できるのでしょうか。小規模な教室には、その規模に見合った戦略を練ることが必要です。
小規模なパソコン教室に見合った戦略は、生徒様の満足度を上げて長期間受講していただくこと。これに尽きると思います。3~6ヶ月で辞めていかれる生徒様が多いというパソコン教室は、真剣に戦略を考えなければなりません。
うちの教室には2~3年に渡って受講していただいている生徒様がいますよ、と反発されるかもしれませんが、そのような生徒様はごく一部の馬があう方だけではないでしょうか。それ以外の生徒様にとっては、対応に問題があると感じられてしまい、短い期間で辞めていかれるのです。
「パソコンについて丁寧に分かりやすくご説明している」「自分は良いインストラクターだ」と思っている人ほど、自己満足の世界で終わってしまっていることが多々あるのです。(自戒を込めて・・・)

生徒数を増やすこととインストラクターのスキルは無関係

パソコン教室 テキストパソコン教室は学校の延長だと考えている経営者様やインストラクターが多いです。パソコンを仕事に活用したい、MOSの資格を取得したい、と短期集中でパソコンをマスターしたい方ならば、当教室は学校です、という対応でいいでしょう。しかしそれ以外の多くの方々に対しても「当教室は学校です」という対応をすると、教室として成り立って行くのは難しくなります。
短期間でマスターしたいとご希望の方ならば、希望通りの短期間でマスターできた(できればお安い金額で)という満足感で宜しいでしょう。しかし、期間の縛りは特にないので楽しく覚えたいとご希望の方には、短期間の方と同じ満足感ではいけません。教室に来ること自体が楽しいと思っていただく満足感を与えられなければなりません。
パソコン教室はサービス業です。お客様とインストラクターの間の信頼関係が第一です。お客様にとっては、パソコン教室に通うのだからパソコンの操作が覚えられて当たり前だと思われるでしょう。丁寧で分かりやすい説明、はお客様の立場から考えれば当然のことなのです。最終的に、インストラクターがお客様にどれだけの満足感を与えられるのか、ということに尽きます。ではインストラクターに必要な資質とはなんでしょうか。パソコンスキルでしょうか?もちろんスキルがあるに越したことはないですが、それほど重要ではないと思います。やる気さえあれば、スキルは後からでも十分身に付きます。しかし持ち前の人間性はそう簡単には変わりません。インストラクターの採用面接では、その人の持ち前の人間性をみることが大切です。
パソコンのインストラクターになりたいと志した方々です。たとえ採用面接時にMicrosoft Office Specialist資格を持っていなくても、採用後にMicrosoft Office Specialist エキスパートを取得したり、MOT資格まで取得したりすることは十分に可能でしょう。
では資格を取得しスキルを上げれば上げるほど、教室を辞めてしまう生徒様を減らせるかというと、もちろんそうとは限りません。パソコンスキルが高いとは言えないインストラクターが一人で切り盛りしている教室。その教室は他の教室と比べて退会率が一番低かった、という事例もありました。インストラクターに最も重要な資質は、パソコンスキルではなくヒューマンスキル。人間性であると言えましょう。
パソコン教室の経営者として考えることは、

1. スキルにも人間性にも優れた人を採用する。
2. スキルはないが人間性に優れた人を採用し教育する。
1つ目は、条件のそろった人材が少なく、人件費が高くなることでしょう。
2つ目は、条件のそろった人材は比較的多く、人件費は安くすむでしょう。ただし教育の時間はかかります。

インストラクターとしての基本をチェックをしてみてください

パソコン教室 テキスト1. お客様のご来店時、お帰りの時、感謝の気持ちを込めて笑顔で挨拶しているか?
2. お客様すべてに平等に対応しているか?
3. お客様すべてと世間話をしているか?
自分と馬が合うお客様、話しかけやすいお客様とは気軽に会話ができても、苦手だと感じているお客様には気軽に話しかけにくいものです。しかしお客様はそのような微妙な雰囲気を敏感に感じ取ってしまうものです。すべてのお客様に平等に対応しなければ、平等にお金を支払っていただいているお客様たちに対してフェアではありません。苦手なお客様に対しても平常心で、すべてのお客様に対して同じ接し方をするべきです。
また、中にはパソコンよりもおしゃべりがしたくて通われている方もいらっしゃるでしょう。空いた時間を利用して、すべてのお客様とコミュニケーションを取りましょう。
4. いつも笑顔で対応しているか?
何度も同じことを聞かれたり、気に障ることを言われたりしても、笑顔を絶やさずお話ししましょう。
5. いつもすべてのお客様に気を配っているか?
一人のお客様対応に時間を取られてしまうと、他のお客様が困っていても気づけず、ご不興を買ってしまいかねません。適切なアドバイスで一区切りをつけ、他のお客様の対応に移って行くことが大切になります。
また、使用しているテキストが良いテキストであれば、一人のお客様への対応が最小限で済むこともあります。
6. 毎日玄関先やトイレ掃除をしているか?
お店のお客様に対する対応はトイレを見るとよく分かる、と言われています。教室のトイレが綺麗に掃除されているかどうかで、お客様からの教室の印象が変わります。
7. 経営者の立場で教室を運営しているか?
自分が教室の経営者である、という気持ちで運営することが大切です。教室が繁栄するかどうかは自分次第、ということを意識し教室全体として考えて行動しなければなりません。
200名を超えるような教室を目指すためには、1~5のチェック項目はクリアしなければなりません。そうでなければ、退会希望の生徒様を教室に引き止めることは難しいでしょう。何人入会されたとしても同じ人数が退会してしまったら、生徒数は増えず教室が伸び悩んでしまいます。

さまざまな指導方法

パソコン教室の指導方法には、おもに次のような種類があります。それぞれにメリット・デメリットがあります。あなたのパソコン教室は、多くの生徒様で賑わって多くの利益が出ていますか?もし、いま以上に会員様が多く集まり利益も多くなる方法があるとしたら?取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

一斉授業のメリット・デメリット

●メリット
多くの人数を一斉に指導でき効率が良い。
「同級生」のお客様が友達になりやすい。
授業料を高く設定できる。

●デメリット
生徒数が少ないときは教室の回転効率が下がり経営が苦しくなる。
一人ひとりのケアが難しく授業についていけないお客様が出やすい。
随時の入会が難しい。お客様に待っていただくことになる。
インストラクターに聞いたほうが早くいから、とテキスト学習が身に付かない。

 

個別指導のメリット・デメリット

●メリット
一つの教室内で様々な授業を指導でき、教室にとって効率がよい。
良いテキストを使えば、テキスト学習が身に付いてインストラクターの負担が減り、効率よく指導できる。
授業料を安く抑えて会員数を増やしやすい。

●デメリット
複数の人数に異なる内容を指導するため、すべてのお客様に公平なサービスができない恐れがある。
指導についていけないお客様が出てしまう確率が高い。
生徒数が少ない時は人件費が割高になる。

 

マンツーマンのメリット・デメリット

●メリット
お客様に付きっ切りでサポートするため満足度・学習の効率ともに高くなる。
教室ごとの得意分野、強みが発揮されやすい。
授業料を高く設定できる。

●デメリット
多くのお客様を集めにくく、教室としての回転効率は低い。
フル回転しても利益は少ない。
授業料を高く設定せざるをえない。

 

e-ラーニング・ビデオのメリット・デメリット

●メリット
導入コストはかかるものの、維持費が低い。
授業料を安く設定でき、多くのお客様を集めやすい。
インストラクターの負担が少なく人件費を抑えられる。

●デメリット
導入コストがかかる分、途中での方向転換が難しい。
言われるがままの操作なので、操作を覚えない。
人と人との繋がりに乏しく、飽きやすく退会しやすい傾向にある。

 

比較検討したうえでの最善なる指導方法

何度も言いますが、パソコン教室はサービス業です。商売である以上、最終的には人と人との信頼関係が物をいいます。信頼関係を築きにくいe-ラーニングやビデオ方式の教室運営は長期受講を望めないため、よほどの集客力がなければ利益には繋がりません。
また、一斉授業やマンツーマン方式の教室では回転効率が低くなる可能性が高いです。
お客様のご要望に柔軟に対応でき、教室の回転効率を高く保てる個別指導方式が最善と考えます。
個別指導方式で注意しなければならないのは、初心者やシニアに分かりやすいテキストを用いなければ、インストラクターの負担が増えてしまうという事です。
また、会員様に長期受講していただき退会率を減らすためには、より良いインストラクターを獲得することが必要になります。
分かりやすいテキストと良いインストラクター、これらの条件をクリアできる見込みがあれば、個別指導方式の導入をお勧めいたします。

 

アドバイス

今でもDVDを使用しての授業や一斉授業で教えている方もいらっしゃいますが、先に述べたように、生徒様とのコミュニケーションが教室運営のカギであります。DVDを見させる学習方法や、e-ラーニングはデジタル機器での学習です。パソコンもデジタル機器です。デジタルをデジタルから学ぶ指導方法では身に付かないのも当然です。やはりデジタルを学ぶうえで人というアナログがハブとなり学習する。人はこれが一番呑み込みやすいのです。DVD操作もままならないデジタル音痴がパソコンの操作方法や、インターネットを使って学習できるとは思いません。

 

表紙のカスタマイズ

表紙・奥付のカスタマイズ

パソコン教室オリジナルの
表紙・奥付にしませんか?
お悩み解決

お悩み解決

パソコン教室オーナー様のお悩みを解決します
スクールの問題点

パソコン教室の問題点

現状のパソコン教室の問題点を考えてみましょう
スクールの現状

パソコン教室の現状

現状の教室の状態を判断してみましょう
他社との違い

他社との違い

エンジョイテキストの強みをご説明
長期受講のポイント

長期受講のポイント

生徒様に長く通ってもらうためにはいくつかのポイントがあります
教室の声

教室の声

エンジョイテキストをご利用いただいているオーナー様の声です
オンラインスクール

 上級者向け
 オンラインスクールを
 開設してみませんか?

VBA/CAD/illustrator/Photoshopその他

テキスト一覧